パナソニック ni-fs350とni-fs300の違い

パナソニック ni-fs350とni-fs300の違いって本当にわずかなのですが、
決定的に違うのは、アイロンとしても使えるかどうかってことです。

そう!パナソニック ni-fs350はスチーマーとしても普通のアイロンとしても両方使える二刀流なのです!!

まあ、形は相変わらずコンパクトなので、大きなものをアイロンかけするには、ちょっと馬力も足りないし、不便ではありますが、一人暮らしやちょっとしたズボンの折り目くらいは、このパナソニック
ni-fs350で十分だと思います。

あとはスチーマーとして衣服をハンガーにかけたまましわをのばせば、今までのパナソニック ni-fs300のように便利につかえるというわけです。

パナソニック ni-fs300のいいところはそのままで、
アイロンできることと、カラーが男性っぽくブラックになったことが一番の違いってことですね。

パナソニック ni-fs350の価格

パナソニック ni-fs350の価格はオープン価格ということで、はっきりと発表されたわけではありませんが、パナソニック
ni-fs300の価格を踏まえると大体7千円~という感じではないでしょうか。

1万円弱くらいでも購入する価値はあるかな~と思いますし。

というのは、パナソニック ni-fs350はパナソニック
ni-fs300と違って、2WAYつまりスチーマーとしてもアイロンとしてもつかえるので、かなりお得なわけです。

以前から、アイロンもできるスチーマーがあればな~なんて思ってましたが、パナソニックやるな~という感じです(^^;)
これは使い勝手いいな~と思いますね。

その分パナソニック ni-fs300の立場は・・・とおもっちゃいますが、
こちらはこちらで衣服をやさしくスチームできるようにあてる面が少し湾曲しているという特徴があるので、無理にアイロン機能もなくていいというかたは、パナソニック
ni-fs300の方が価格的にはお買い得かもしれませんよ~♪お世話になってるサイト>>>>>ナイトアイボーテの効果はいかに??どのくらいの期間で二重になるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です